2019年03月29日

中河内算数サークル3月例会

今回で9回目。参加者は7人?のはずです(^^;)。

レジュメをもとに概略を示します。

1.教具をつかおう!

 【グループ1】
  長さメーカー  角度メーカー  全円分度器  面積メーカー  くるくるかけ算練習器  位取りカード  分数パタパタタイル  単位換算器  位取り定規
 【グループ2】
  パタパタわり算練習器  竹「柄」ものさし  するするタイル  タイルそろばん  マグネットタイル  わり算カード  分数定規  対称ものさし
 【グループ3】
  数字・数詞・もの・タイルカード  直線くん  ストローde立体  タイルつき計算カード

2.新年度の計画を立てるために−どんな(●●●)算数を「教えたい」の?
(1)一年のあなた(●●●)の目標を決めよう
(2)「なぜ」「何を」「どのように」教えるのか?
(3)○○だから教えられること・○○でも教えられること

3.例えばこんなことを…
(1)年間計画を立てよう
(2)子どもの「実態」をつかもう
(3)イラナイものは切り捨てる勇気を

4.その他
(1)教科内容研究と「生活指導」
(2)授業の「動線」と「導線」
(3)何でも質問してください

次回は未定です。

#参加者の感想は、届き次第コメント欄に入れます。
posted by さんすうしぃ!! at 23:23| Comment(6) | 中河内算数
この記事へのコメント
教具があると、学習につまずいている子どもたちを救えるので、いろいろ知ることができて、授業に生かせそうです。次回は学年のメンバーを連れてこれるといいです。
Posted by A at 2019年04月05日 10:38
支援学級担任です。わり算のシートとコンパスでの穴あき定規の活用は、すぐに取り入れてみたいと思います。あと、はし箱のタイルのそろばんで、5のまとまりと5といくつで何になるのか、反復練習で身につけさせたいと思いました。
Posted by B at 2019年04月05日 10:39
長年の叡智と工夫が詰まったたくさんの教具を総おさらいできてよかったです。「あぁ、あれ作り足さなあかんなぁ〜」とも思ったり。でも教具の力は偉大なので、わかってできて楽しい授業のために、また頑張ろうと気持ちを新たにしました。
Posted by C at 2019年04月05日 10:41
見ているだけでも面白い教具がたくさんあり、使ってみたいなと思いました。
Posted by D at 2019年04月05日 10:41
教具について「数学を学ぶ・獲得する・つかむものになっているか?」「見やすい・使いやすいか?」などが配慮されているのが立派だと思います。
Posted by E at 2019年04月05日 10:42
教具のひとつひとつの工夫の意味を聞かせていただいて、その先に子どもがどう考えてどう学んでいくのかをよく観察されていることをいつも感じます。「子どもから出発すること」、改めてその大切さと面白さを感じました。
Posted by F at 2019年04月05日 10:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。