2018年07月06日

ポッケ7月例会

小学校3人・保健室1人と退職者の方との5人、そして子どもが1人で。

○ものづくり
 和歌山の小田さんが、むか〜しポッケでつくった「ペットボトル空気ロケット」の改良案を出してくれました。小田さんに許可をとって作り方説明書をつくることにしたので、ポッケでも試してみました。Oさんがとばし方の工夫を考えてくれたりと、充実したものづくりの時間でした。

○小学校部会&保健室部会
 今回も、完全に「合同」でしました。

・ばね電話
 Jさんが、ばね電話用のバネを持ってきてくれたので、紙コップとのつなぎ方を説明しました。「切りっぱなし」のバネを使えば、画びょうであけた穴を通すだけでよいのでかんたんです。バネ電話を初めてのTさんもたのしんでくれました。

・折り染めうちわの作り方
 支援学級で折り染めをして、それを使って「うちわ」を作るということで、作り方を紹介してもらいました。うちわの「骨」は、買うのではなくお家に余っているものを水につけてからはがして用意するそうです。
 改良したのは「貼り方」です。うちわの大きさに切ってから貼るという話でしたが、「貼ってから切る」方法にすることで、骨に合わせて貼る難しさを軽減しました(この貼り方は卓球のラケットにラバーを貼る方法をヒントにしました)。作り方説明書は、Oさんが作ってもらえそうです。

・保健室登校のAさんの話
 教室に入りづらいAさんの様子と対応を聞きました。何がどう苦手のかを観察しながら、原因を分析し、ひとつひとつ試していく手法で、ひょっとしたら本人も気づいていないかもしれない「何に困っているのか」を見つけていく大切さを話し合いました。こんな取り組みができる個人・学校になっていきたいものです。
4年生の保護者懇談会で
 担任の保健の授業のあと養護教諭が保護者懇談会で子どもの成長について話したそうで、その資料をもとに報告してくれました。また、NHK教育の「スマホ・リアル・ストーリー」を使った話もしたそうです。4年生で保護者にスマホの使い方について提案するのは、今の時期、大切なことだと思いました。

・その他、交流
 職場の様子、今日の「大雨」の対応など、いろいろ話をしました。「過蓋咬合」の子どもが増えているという話も興味深いものでした。

次回、夏のポッケは8月下旬の予定です。
posted by さんすうしぃ!! at 22:22| Comment(0) | ポッケ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。